乾燥肌

乾燥肌の化粧品選び

サンプルでテストしてみる

乾燥肌の方は普通の肌よりもさらに慎重に化粧品を選ばなければいけません。
化粧品選びを少しでも間違えてしまうと、肌へ大きな刺激を与えてしまうかもしれません。
化粧品が少し違うだけでも、肌に与える影響はとても大きいことを理解しましょう。

化粧品には色々な成分が含まれており、それらが刺激となってしまう可能性があるのです。
基本的には、香料や合成着色料、アルコールが含まれていないものを選びましょう。
これらは肌への刺激が大きいからです。

また、アロマ成分が含まれているものがたまにありますが、これは乾燥肌を守る働きはほとんどなく、アレルギーが出ることもあるため避けた方がいいでしょう。
アロマは肌に良さそうだと考える方が多いのですが、基本的に化粧品には余計な成分が含まれていない方が良いです。
同じ理由で、オーガニック化粧品やナチュラルコスメといった肌に良さそうなものの中にも、肌への刺激の強い成分が含まれていることがあるため注意してください。

化粧品選びで失敗しないためには、一度試しに使ってみることをおすすめします。
サンプルをもらえるものはそれを使ってみて、肌にどのような影響があるのかを確認しましょう。
そうすれば、化粧品選びで失敗することはありません。

化粧品の注意点

乾燥肌の方は敏感肌用の化粧品を購入してしまう方が多いのですが、注意しましょう。
敏感肌やアレルギー肌の方のための化粧品であれば、乾燥肌にも大丈夫だと考えてしまうのです。
これらの化粧品には、薬事法によって表示を義務付けられている表示指定成分のうち、香料や防腐剤、界面活性剤などの成分が含まれていないものが多いです。

しかし、これらの成分が含まれていないからといって、残りの成分の中に肌へ刺激を与えないものが含まれていないと言い切ることはできません。
敏感肌という言葉だけに騙されてはいけないのです。
どのような宣伝文句が書かれていたとしても、実際に自分の体で試してみないことにははっきりしたことはいえないでしょう。

また、少しでも刺激があるからといって化粧品を変えてしまうのでは、自分に合うものが見つからない可能性があります。
その場合は、化粧品の使い方に問題のあるケースが多いです。
たとえば、化粧水の量を増やしてみたり、化粧品の付け方を変えてみましょう。

あまりにも多くの化粧品を使う必要はありません。
たとえば、化粧水と乳液、クリームの3つだけでも十分保水効果を期待することはできます。
しっかりと肌を守ってくれて、低刺激で脂分を含んでいる化粧品を乾燥肌の方は選びましょう。
乾燥肌にとって脂分は大切なものであることを理解してください。

Tags:

About the author

乾燥肌の洋服の選び方
乾燥肌の洋服の選び方

コメントはまだありません

乾燥肌のシワ対処法
乾燥肌のシワ対処法

コメントはまだありません

乾燥肌のひじやかかと対策法
乾燥肌のひじやかかと対策法

コメントはまだありません

lala_426720140921153047500-thumb-815xauto-5752
乾燥肌の治療

コメントはまだありません

a1320_000148
乾燥肌の原因

コメントはまだありません

a0002_009261
乾燥肌の洗顔方法

コメントはまだありません